九州本部で行われている法要

阿含宗の九州本部では、土地浄霊護摩法要という法要が行われています。九州でもいろいろな事件や事故が発生しているのですが、九州に限らず、日本人が最も大きな被害を受けたのが、大東亜戦争時に行われたアメリカ軍による無差別爆撃や原爆の投下でしょう。

このように戦争や事件、事故によって被害に遭った人の供養を目的に行われているイベントが土地浄霊護摩法要という法要なのです。このイベントは、九州本部が管轄をしている各地で行われています。こうした法要は、阿含宗が管理している場所だけではなく、戦争や災害などで多数の犠牲者が出た土地で開催されることもあります。

このような法要を通して、いかに平和が大切なことであるのかを伝えることも目的としているのです。もちろん他の場所でも法要が行われることはあるのですが、九州本部の管轄内では、この法要はかなり大きなイベントとなっているので、ぜひ知っておくべきことだと言えるでしょう。

阿含宗 九州本部
http://kyusyuhonbu.net/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 佐賀市 バーとレストランを兼備えているレストラン&バー パセリは佐賀市呉服元町にある、食事のメニュー…
  2. 白石達也は日本酒製造、つまり蔵の長男として生まれました。小さな頃は目の前の機械や米に驚くばかりでした…
  3. 現代社会は利便性の高さが発達していく一方で、過度の運動不足が発生していることも注目されています。大人…
ページ上部へ戻る