修理 革製品バッグならおまかせ

お気に入りのバッグが壊れてしまったときにおすすめの修理 革製品の得意な雨ザラシ工房をご紹介します。

バッグを修理しなくてはならない場面は大抵がファスナー・取っ手・内貼りなどの部分劣化がほとんどです。そのような場合は料金もさほど高額にはなりませんので手軽に修理をお願いすることができます。また、修理 革製品の中でもファスナーの交換は問い合わせが多いのですが、どのように取り付けられているのかによって金額が変わってきます。ファスナーの閉開時にくっつけたり離したりするエレメントのスライダー交換は2,500円より。ファスナー本体の交換は5,000円より行っています。故障しがちな取っ手は、形により金額が変わり平持手の交換は6,000円より。丸持手は8,500円よりそれぞれ行っています。

よいバッグは、お手入れや修理をしていれば、物によって一生ものから、世代を越えて受け継いでいくことが可能です。ものを大事に使うことをサポートしている「雨ザラシ工房」は修理 革製品のプロフェショナルです。

雨ザラシ工房
http://amazarashi-repair.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. とくとく便を利用するメリットとして最も大きいのがタイムロスが他の運送会社と比較して、劇的に少ないから…
  2. 調査を依頼したものの、調査員の不手際により調査を失敗してしまうというケースは決して少なくはないと言わ…
  3. お店の雰囲気も六会日大前 美容院を選ぶうえでは大切な要素と言えます。ふんわりとしたイメージでゆっくり…
ページ上部へ戻る